rabbit-dev

現役スマフォプログラマーが適当にプログラム関係の記事を放り込むブログ

Eclipse + Cocos2dxでインテリセンス(予測変換)を使うには、、、

XCodeで開発を行うと何も設定してなくてもインテリセンスが利用できます。が、Eclipseの場合は使えません。そこでEclipseでもインテリセンスが使えるようにしてみたいと思います。

 

 Cコード編集用プロジェクト作成

Cocos2dxで生成されるAndroid用のプロジェクトにはCコードが含まれて降りません。

そのためCコードを編集するプロジェクトを作成します。

 

まずはプロジェクト作成

f:id:rabbittan:20141004182813p:plain

 

名前は適当に設定

f:id:rabbittan:20141004182814p:plain

 

出来上がったプロジェクトにCocos2dxで作成したプロジェクトのClassesフォルダにプロジェクトをリンクで追加する。

f:id:rabbittan:20141004182815p:plain

 

出来上がり。

f:id:rabbittan:20141004182816p:plain

 

インテリセンスの設定

インテリセンスの設定は、作成したプロジェクトを右クリックしてPropertiesを開きます。

(すいません。名前がMyGame_CppMod→mygame_cocos2dxになってます。)

f:id:rabbittan:20141004182808p:plain

 

次にC/C++ General → Paths and Symbolsを開きSource Locationタブを開いてLink Folder...をクリックします。

f:id:rabbittan:20141004182809p:plain

 

追加するフォルダを設定します。

今回はCocos2dxフォルダ以下にあるcocosというフォルダを指定します。選択後にOKボタンを押下する。

f:id:rabbittan:20141004182810p:plain

 

作成したらcocosのフォルダが追加されます。

f:id:rabbittan:20141004182811p:plain

 

この状態でソースコードを開きCtrl+Spaceを押下するとインテリセンスが表示されます!

f:id:rabbittan:20141004182812p:plain

 

以上です。

 

これでEclipseでもXCodeに匹敵するほど開発効率が上がると思います!

是非導入してみてください!

 

ではでは、